読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔人日月抄

東京下町に暮らす写真とPENTAXとスキーと時代小説とお酒とプジョーを愛するある男の日常

真冬なのに菜の花とチューリップ! 気の早い春を探して吾妻山公園と江ノ島を散歩する

写真 散歩 PENTAX K-1 DFA15-30mmF2.8ED SDM WR DFA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR DA★55mm F1.4 SDM DFA★70-200mm F2.8ED DC AW

 1月も中旬を過ぎて真冬も本番。北国では大雪が降り、東京でも連日気温が10℃届かない日が続いています。綺麗な青空は広がっているものの、木々の葉は落ちて緑や草花の彩りは乏しい季節。雪でも降ればなぁ... と、写真を趣味にしている一人としては勝手なことを思っていますが、なかなかそうも行きません。

 と思っていたら、なんとも気の早いことに、春を告げる菜の花がもうさているところがあると言うではないですか。場所も遠く南国かと思えば神奈川県の相模湾沿い。これはちょうど良い日帰り遠足コースだな、ということで出かけてみることにしました。

KONE0027.jpg
 雨が上がったばかりで、より一層空気が澄んだ土曜日。強い来たが是が吹いて特に寒い日でした。相模湾沿岸と言えば富士山も綺麗に見えるはず!

続きを読む

【解決?】1ヶ月半の間に3度の修理を経てようやくiMacは復活する

Mac

 昨年末以来ずっと続いているiMacトラブルの続報です。この約2ヶ月間、動かないiMacと格闘し、ツンデレなApple Careといろいろ交渉し、あれこれ思い悩みつつ、仕方なくRAWファイル現像や年賀状の印刷(仮想マシンでWindowsを動かす)を、そんなことさせるつもりではなかった非力なMacbookで行ったりして、かなり体力的にも精神的にとても消耗しました。

 今よりもずっと円安だった一昨年の秋に、半ばやけくそになって買ったiMac 5Kの特盛り仕様なのですが、1年ちょっとで使えなくなるのは想定外すぎます。それに2016年はiMacのモデルチェンジは見送られており、今年の春にでも新型が出るとの噂があって、買い換えるにもタイミング悪すぎ。それより何よりこんなことでこのiMacを諦めるのは勿体ない!

KONE9884-Edit.jpg
 幸いApple Careに入っていたこともあって、すべてのサポートと修理は無料で受けられました。最終的に修理に出すこと3回。電源ユニットを2回、ロジックボードを1回交換した結果、何とか問題は解消されたようです。その顛末を備忘録としてまとめておきます。

続きを読む

PENTAX LXによる初撮影で慣れないフィルムの扱いに苦労する

写真 ZEISS FA77mm F1.8 Limited 散歩

 PENTAX LXを衝動買いした翌日、さっそくLXにフィルムを詰めて散歩に出かけてきました。雨が上がり急激に晴れ間が覗いてきた冬の午後は、まだ早い時間なのに太陽が低いせいでどこか夕暮れのような光に包まれています。そして、乾燥しきっていた地面にも水たまりが出来て、ひんやりした空気もどこかしっとりしています。この絶妙な雰囲気はフィルムにぴったりかも?

 ということで、向かったのは特に撮るものの当てもない時にふらふらと出かける近所の公園です。一回の撮影で数百枚とか平気で撮るデジタルの流儀に慣れ切った身としては、36枚撮りフィルムなんてすぐに使いきると思っていました。

img006-3.jpg
 シャッターを切るペースは確かに予想した通りで小一時間で1本撮りきってしまったのですが、そのずっと前段階で予想もしなかったトラブル(自業自得)に見舞われて、フィルムを2本も無駄にしてしまいました。1本は不可抗力、もう1本は自業自得というか、低レベルな失敗によって。フィルムって難しい...。

続きを読む

後にも先にもKマウントのフラッグシップと呼べるのはLXだけかもしれない

カメラ ZEISS

 新年早々にカメラを買ってしまいました。もちろんPENTAXです。でもデジタルではなくて今更ながらフィルムに手を出してしまいました。その経緯は追々説明するとして、今回手に入れたのはフィルム時代のPENTAXフラッグシップ機として、1980年に発売され2001年まで販売されていたPENTAX LXです。ちょうどニコンからはF3が、キヤノンからはNew F-1が出てきたMF一眼レフの全盛期、今よりはまだ老舗カメラメーカとしての地位がPENTAXブランドにもあった時代に、旭光学が創立60周年を記念して渾身の力を込めて作り上げたのがこのLXです。

K3II4638.jpg
 AF世代の機種はほとんどジャンク扱いしかされなくなった今の時代、Kマウントをフィルムで楽しむとなると、結局はメーカーを問わず、この世代のMF最高級機に落ち着いてきます。私もPENTAXユーザーとして、ようやくLXにたどり着くことができました。

続きを読む

新小岩の「炭火焼肉 慶州苑」で2017年新春焼肉初め!

 2017年の焼肉初めをしてきました。昨年は肉部活動が活況で、とても幸せな一年を過ごしましたが、今年も同じくらい美味しいお肉をたくさん食べられますように、と願いながら初焼肉を楽しんできました。12月は焼肉屋さんに一度も行けなかったし、年末年始に引いた風邪がようやく治ってきて、身体が焼肉を欲しているところでした。

IMGP0452.jpg
 場所は地元新小岩でホームグラウンドとも言える慶州苑です。特別高級でも希少な肉がでてくるわけでもない、ごく普通の街角の焼肉屋さん。でも、ちゃんとお肉を知り尽くした大将がやってる本格派。リーズナブルで美味しくて居心地が良いお店です。

続きを読む

Turbo NAS TS-231+に保存した写真ファイルをAmazonプライムフォトへバックアップする

Mac PC

 昨年末に導入したNASですがその後も快調に運用しています。当初の目的はローカルのHDDに保存した写真データのバックアップ用途だったわけですが、その後色々試していくうちに、ただのバックアップ先として使うだけでは勿体無いと思うようになり、別の運用方法を検討しています。

 それについてはこの記事の後半で説明するとして、まずはNASにバックアップした写真データをさらにAmazonドライブにバックアップをする方法を考えてみました。バックアップのバックアップってやりすぎじゃない?という気もするのですが、出来ることはすべてやっておくに越したことはありません。

スクリーンショット 2017-01-03 14.10.20.jpg
 最悪、我が家が火災などで焼失したとしても、写真データは復元できる、ということで、クラウドへのバックアップは非常に強力、安心安全です(もちろん別のリスクもあるとは思いますが)。

続きを読む

デジタルカメラが苦手とする青色LEDで埋め尽くされた「青の洞窟」を撮りに行く

写真 散歩 PENTAX K-1 DFA15-30mmF2.8ED SDM WR ZEISS

 年越しはiMacに翻弄された上に風邪を引いてしまい、2016年最後の日の入りも、2017年初日の出も見に行かず、毎年友人達と楽しんでいる紅白歌合戦を見ながらの忘年会にも参加せず、初詣にも行かず、図らずも寝正月を決め込んでいました。が、連日晴れ渡る青空を家の中から眺めつつ、少し出かけないと勿体ないなと思いついたは良いもの、時刻は2日の午後4時。間もなく日の入りです。

 それでも適度に散歩をしようと重い腰を上げ、向かったのは渋谷です。あまり馴染みのない街ですが、年末からちょっと気になっていた場所があります。それは渋谷からNHKに向かって代々木公園の入り口あたりの並木道で行われているイルミネーションのイベントで、その名も「青の洞窟」というもの。

KONE9732-Edit.jpg
 SNSに上がってくる写真を見ていると、かなり見事な真っ青の世界。当たり前のイルミネーションよりも興味を掻き立てられます。我が家から電車に乗って約30分。渋谷駅からは歩いて15分ほど。ちょうど良い夕暮れの散歩コースですので、リハビリ兼ねてカメラ担いで出かけてきました。

続きを読む

【未解決】年末年始休暇は動かないiMacと格闘する

Mac

 iMacが不調です。11月から時々謎の予期せぬシャットダウンを繰り返していたのですが、その症状がどうしても治まる気配がありません。5年前までは自作PCを趣味の一つとしていたからには、この手の問題の切り分けと対策は慣れているつもりでしたが、今まで出会ったどんなに手強い不安定PCよりもなによりも、最もタチが悪く原因が掴めないトラブルに相当参っています。

 色々な経緯があって、この1ヶ月ほどの間に2回も修理に出しているのですが、いずれもAppleでは現象は再現しないということで、根本解決には至っていません。しかし見込みでほとんどの主要部品は交換されたというのに、相変わらず問題は残ったまま。いや、むしろ悪化しているといった方が良いかも。

DSC_5185.jpg
 めでたくも年が明けた2017年元旦時点でも実は何一つ解決していないのですが、途中経過としてこれまでの経緯をまとめておきたいと思います。

続きを読む

K-1に始まりK-1に終わる2016年を振り返る

日記

 年末恒例の総集編です。このブログ的に今年のトピックはなんと言ってもPENTAX初のフルサイズ一眼レフK-1の発売です。実際に発売されて私が手にしたのは4月の末ですが、製品の詳細が発表されたのはCP+の少し前、2月の中旬のことでした。ですのでこの1年の間はほとんどK-1のことを考えて過ごしてきたような気がします。

 そういう観点で今年一年ブログに書いてきたことをざっと見返してみると「今年はこんなに買い物したのか!」という現実を突きつけられ、愕然とします。いや、薄々分かっていたことではあるのですが。それもこれもK-1のせいですから仕方ありません。2015年に引き続き個人的バブル経済状態だった1年を振り返り、しっかりと反省しておきたいと思います。

K3II3008.jpg
 なお、トップに貼ったこの一枚はK-1を手に入れてすぐにこのブログ用にK-3IIで撮ったものですが、アップロードと同時にFlickrでExploreされてしまいました。世界中が注目してるK-1!ってことで、物撮りとしての出来はともかく、この一枚はK-1に関わる私の1年を象徴する1枚です。

 以下、例年通り今年1年のエントリーをテーマごとに振り返っていきたいと思います。

続きを読む

羽田空港は都内随一の富士山絶景ポイント!夕暮れの飛行機と富士山を撮りに行く

写真 散歩 PENTAX K-1 DFA150-450mm F4.5-5.6ED DC AW DFA★70-200mm F2.8ED DC AW

 先日厚木基地へ出かけてきたばかりですが、やっぱり旅客機を撮りたいなぁと思い、久しぶりに羽田空港へ出かけてきました。クリスマスの3連休で旅行に出かける人も多く、空港は混雑しています。天気も良くて空からの眺めはさぞかし素晴らしいことでしょう。そんな空の旅に思いを馳せつつ、カメラのファインダーの中で飛び立っていく飛行機はどこへ行くのだろう?どこからやってきたのだろう?と想像するのは、旅客機撮影ならではの楽しみです。

 ずっと以前から撮ってみたいと思いつつ、なかなかタイミングが合わずに出来ていなかったことがあります。それがタイトルにも書いた「富士山」です。羽田空港からは西側の視界が開けていて、実はとてもよく富士山が見えます。もちろん空気が澄んでいて、地平線まで雲もなくスッキリ晴れ渡っていなくてはなりません。

KONE9547.jpg
 朝ならば順光で綺麗な青空と白い帽子を被った姿が見られるところですが、早起きは苦手なので夕暮れを狙ってみました。クリスマスの25日は午前中は少し曇っていたのに、午後になるに従ってどんどん雲が取れ、いつの間にか見渡す限り雲のかけらもない全面青空。これは!と思いつき、カメラと望遠レンズをカメラバッグに投げ込み、出かけてきました。

続きを読む